スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一転!  2日目  体重5.4kg

                  
昨日の眠りから一転
今日はイタズラの連続
やんちゃ坊主の本領発揮か

次は何を狙おうかな?  お前は黒ヒョウか?????

何を狙おうかな



スポンサーサイト

ディープがやって来た!!    1日目

                  
いよいよ我が家にディープがやってきました。

8月2日生まれの男の子(次男)で色はブラックです。

母:ボニー(ラブラドール)×父:タナー(ゴールデン)の子供でF1(ラブとゴールデンのハーフ)になります。

家に着いてすぐ指定の場所にオシッコをしてくれました。グ~ットGOOD

しばらく遊んであげるとダウンしたとたんに目がトロ~ン。あれ?そのまますやすやとおやすみ。

P1020004_convert_20080928224743.jpg

しばらくして目が覚めるとなんとなくソワソワ。あっ と思ったとたんにジャ~失敗してしまたあ~泣き

またしばらくするとすやすや。今度はお腹を出してすやすや。

P1020007_convert_20080928224839.jpg

こんどは娘の膝の上ですやすや。

P1020008_convert_20080928225042.jpg

しかしよく寝る子です。これが普通なのか それとも将来大物????


委託式に行ってきました

                  
委託式に行ってきました。

P1010997.jpg

事前にパピーの名前を6個ほど考えて提出していました。
その中からセンターの人が選んでいただいて付いた名前がディープに決まりました。

P1010998_convert_20080928220947.jpg

受け入れ準備

                  
盲導犬パピーが我が家に来るまであと2日となりました。笑い。

今日はセンターで貸し出ししてくれたゲージとトイレサークルと車で移動する際に使用するキャリーケースを組み立てて設置しました。汗03

ゲージとトイレサークル

狭い我が家が一段と狭くなってしまいました。泣

事前説明会のつづき

                  
盲導犬のパピーウォカーとは、将来盲導犬になる為に生まれてきた仔犬(パピー)を約10ヶ月程、家族の一員として育て基本的なしつけを覚えさせるのがボランティアです。

仔犬にとってこの時期はとても大切な時期で、愛情を持って育てることによって人間が大好きになり、いろいろな経験をさせることにより怖いものや不安に感じることがなくなるそうです。

生まれて約1ヶ月間は母犬と暮らした後親離れします。そして生後約2ヶ月ぐらいでパピーウォーカーが引き取ります。

預かって1ヶ月後ぐらいに2回目の混合ワクチン接種があるそうですが、それまでは外を歩かせたり他の犬との接触は禁止だそうです。まだ、この時期は病気に対しての抵抗力が落ちているため散歩も抱っこして外の環境に慣れさせるそうです。結構大変ですね。

事前説明会に行ってきました

                  
今日は、28日の委託前の説明会に行ってきました。

宿泊のお客さんを見送り、ベットメイクをして11時30分に家を出ました。

途中、盲導犬センターで昼食を取るのにコンビニに寄って買い物。

さらに向かっている途中で電話が入った 「あれ、センターからだ」

「説明会は10時からだったのですが・・・」 時間を聞き間違えていたらしい(13時からだと思っていた)。

取りあえず13時から説明会をやってくれると言うことなのでセンターに向かいました。

昼食を取り、サポートSHOPでパピーのおもちゃ等を買った後に説明会に入りました。

もちろん、私たち家族だけ・・・。

約1時間半、説明を聞きました。

結構、大変だなと思いながらも、どんな子が来るのだろうと28日が楽しみです。

貸し出しをしてくれたゲージやトイレサークルを車に積み我が家へ・・・・。

15時のチェックインぎりぎりで到着。これからまた仕事・・・・慌ただしい1日でした。

パピーウォーカーを始めました

                  
四季彩から40分程の所に日本盲導犬センターがあります。そこで、以前から興味を持っていた盲導犬の作業ボランティアを募集していたので昨年の秋から始めました。作業ボランティアは、訓練犬・PR犬・引退犬・仔犬たちの犬舎の掃除・食事や排便などの身の回りの世話をする仕事です。この他にも、繁殖犬飼育ボランティア・引退犬飼育ボランティア・パピーウォカーなどのボランティアがあり、盲導犬の一生は全てのボランティアの愛情で支えられているそうです。そのボランティアも、まだまだ足りない状況だそうです。また、全国で活躍している盲導犬は1,000頭いるそうです。しかし、全国で盲導犬を必要としている目の不自由な方は約7,800人と全然足りない状況だそうです。そこで、もっと盲導犬を皆さんに知って頂こうと思い今年の初めにパピーウォーカーの登録をしました。そして、いよいよ今月の28日に初めての盲導犬パピーが我が家にやってきます。また、明日は事前の説明会があり日本盲導犬センターに行ってきます。

| TOP |

プロフィール

ペンション四季彩

Author:ペンション四季彩
名前   テンシ
性別   女性
生年月日  
 2010年7月6日生まれの蟹座
自己紹介
ゴールデン・レトリバー
父ピップ・母ベル
2頭目のパピー

オーナーからの一言
ペンションの仕事を通して、沢山の方に盲導犬を知って頂こうと思い、家族でパピーウォーカのボランティアを始めました。このブログは、盲導犬パピーとオーナー家族の日常の出来事を書いていこうと思っています。また、このブログを皆さんに読んでいただいて、沢山の方に興味を持って頂ければと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。